天然皮革とは

ランドセル

ハイブリッドレザー

天然皮革で、ランドセルの素材としては定番と言えるでしょう。人口皮革に比べると多少重いですが、耐久性と風合いがあります。

コードバン

耐久性が非常に高く、男の子用にピッタリの天然皮革です。多少、重くなりますが美しい艶が特徴で、高級感があります。

ヌメ革

タンニンで原皮をなめした天然皮革です。天然皮革独特の変化を楽しむことができる生地で、とても深い味わいがあります。

ランドセルの歴史

徒歩通学

これまでは、人力車や馬車で学習院に通学する生徒もいましたが、明治18年に徒歩での通学に変わります。その影響から、子どもたちは自分で弁当や教材を持ち運ばなくてはならなくなり、軍隊で使用されていた背負い鞄を使用したのがランドセルの始まりです。

四角くなる

当時はナップザックのような背負い鞄が主流で、風呂敷などを使用する男の子も多かったと言われています。そして、明治20年に皇太子の学習院の入学祝として作られたのが、四角いランドセルなのです。これ以降、四角いランドセルが主流となっていきます。

革製の鞄

昭和初期になると、洋服が庶民の間で広まるようになります。男の子を中心として、洋服に合わせた革製のランドセルが使用されるようになったのです。ただ、この時代は都市部の生徒が使用することが多く、地方では風呂敷や背負い鞄を使用していたと言われています。

全国に普及

昭和30年以降になると、革製の四角いランドセルが全国へと普及します。宿題や学習用具が増えたことで、便利に運搬できるランドセルは人気が高かったのです。ただ、大きさとしては現代のランドセルよりも小型で、需要も多かったとされています。

進化を続ける

現代ではランドセルのデザインや色、大きさや素材などがとても進化しています。重量も軽くなり、容量も拡大しているのです。ですが、基本的な形は殆ど変わっていません。これは、長い間ランドセルが庶民から愛されてきた証拠なのです。

広告募集中